プログラミングBlog

プログラミング学習用

ちょいちょい書いてます

OracleMasterBronze③

今日は模擬試験やってみました。
f:id:Tokuty:20201220084832p:plain なんとか合格点に届いてました!手ごたえそこまででしたが、なんかめっちゃいい点数!
朝起きてすぐにやったので集中できたのもあるかもしれないです。だいたい1時間くらいで終われたので時間配分もいい感じ。 来週もやってみて80点超えてたら試験申し込もうかな?

1週間のグラフについてはこんな感じです。 f:id:Tokuty:20201220084934p:plain 安定感ないですね。。。( ノД`)シクシク…
DECODE、CASE、データ型の自動変換系統、日付型の変換、この辺苦手なので重点的に復習。
定義についてはだいたいおぼえてきたので来週も引き続きひたすら解き続けるスタイルで行きます。

Memo

DECODEとCASEの違い。
NULLの評価が違う。 条件に比較演算子や式が使えない。

TABLE

f:id:Tokuty:20201220100810p:plain

DECODE

SELECT
    city
    , DECODE(city, '兵庫', 1, '北海道', 2, null, null, 4) id 
FROM
    city
ORDER BY
    id;

f:id:Tokuty:20201220100058p:plain

CASE

SELECT city, CASE city 
        WHEN '兵庫' THEN 1 
        WHEN '北海道' THEN 2
        WHEN null THEN null
        ELSE 4 
        END as id
FROM
    city ORDER BY id;

f:id:Tokuty:20201220100111p:plain
DECODEとCASEのNULL評価の例。
基本はDECODEでできることはCASEでできるのでCASEを使った方が良いみたいですね! CASEのほうがIF文っぽくてわかりやすいです。